カテゴリー「MARKS・活動報告」の記事

2012年3月18日 (日)

トップアスリートとセラピー

もう春もすぐそこ・・・という時期ではありますが、雨が降ったり風がふいたり、まだまだ寒さを感じます。typhoon

今月はスキーの大会も色々あるようで。

私はボードがはやった世代なので、学生時代は専らボードをしに雪山へ通っていましたが、今ではすっかりスキーファンです。snow

マークスボディデザイン院長(主人)は、元スキー選手。

全日本アルペンスキー男子チームのトレーナーをしていた人でもありますから、それこそ世界のトップスキーヤーたちと関わり、スキー界にはかなり精通しています。

自身も指導にあたることもしばしばあります。

私にとっても良き指導者です。

今月は大学のスキー部のコーチとして、大会に帯同したりしています。

留守ためにご迷惑をおかけし、申し訳ございません。despair

スキーでも種目は色々あり、技術選という種目においては、今年新たな素晴らしい記録がうまれました!

丸山貴雄選手がだれも成し得なかった3連覇を達成したのです!shine

すごいですね。crown

丸山選手は、雑誌の取材企画でフェイシャルリフレクソロジーを受けにマークスを訪れてくれました。

試合に向けての調整をするとても大切な時期だったと思います。

Iphone_288

トップアスリートという人は、やはり身体感覚が非常に鋭く、身体に対する意識が素晴らしいです。

セラピーという分野とスポーツ界のアスリートはなかなか結びつくことがないように思いますが、第一線で勝負をしているトップアスリートこそ、本当はとても必要なのではないでしょうか。

取材記事は、2月号に2ページにわたって掲載されております。happy01

どんなことをしたかというと・・・

院長がアライメントチェックなどを担当し、細かな分析をしたうえで私がセラピーを組み立て施術をしました。

最後の調整に、カイロプラクティックの技術も加え、試合前の心身の状態を整え最高のパフォーマンスが発揮できる体をつくります。

Iphone_290

丸山選手、前人未到の3連覇、本当におめでとうございます。

益々のご活躍を応援すると共に、私達にも感動と学びを与えてくださって感謝です。confident

2011年12月 9日 (金)

中学校PTAで講演会

神奈川県川崎市のとある中学校に講師として招かれました。

PTAの委員長さんが私のことを見つけてくださって、ご縁があって自然療法の専門家としてお話をさせていただきました。

対象は中学生のお子さんを持つお母様方です。

アロマセラピー、リフレクソロジー、そして被災地での活動報告と防災に関しての自然療法のあり方を少しお話しました。

また受験生を持つご家庭のため、ストレスケアの方法をお伝えしました。

図書室が講演会場です。本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。heart01

2011_1208_143939pc080734

タッチング、触れ合うことの大切さを考えるとき、やはり家庭内でそれができたら本当に素晴らしいと思います。

だんだん思春期にもなれば親子や家族で触れるという機会は少ないでしょう。

ただ、セラピーというツールを用いることでそれが可能になります。

イライラしている息子を見たら、不安でいっぱいの娘がいたら

家庭でできるひとつの対処方法に自然療法の活用というのはいかがでしょうか?

2011_1208_144818pc080737

校長室で校長先生とお話をさせていただきました。

今の中学校での課題や問題点、また行動障害や学習障害の子どもが増えているというお話も共に語り、学びがありました。eye

こういう教育の場で、もっと自然療法の魅力が伝わっていくといいな、と純粋に強く思いました。confident

そして、このような分野に興味を持ってくださったPTAのお母様方そして校長先生に本当に感謝しております。shine

意識の高い教育現場で、感動しました。

自分にとっても子ども達の教育現場に少しでも携わることができるのは大きな喜びです。

Img_2402

いただいたお花がとってもきれいでお家の中も明るくなりました。tulip

何か少しでもお母様方のお役にたつことができたらな。

この度はお招きいただきまして、本当にありがとうございました!

この貴重な経験を大切にして、これからも自分の子どものためにも自然療法、活用していきます。happy01

2011年11月21日 (月)

インソール作成の流れ

マークスボディデザインで作成しているオーダーメイド、インソール(靴の中敷)の作り方は、こうです。

one身体のバランスと足圧をチェックして、使用目的に合わせてどのように調整するかを決め、足型を取ります。

025

運動用なのか、ウォーキング用なのか、障害のための矯正なのかによって調節度合いも変わります。

素材によって硬さも厚さも違うのですが、それぞれ左右の足にどうフィッティングしていくかを専門家が身体のバランスをみながら見極めます。

twoそして各パーツを温めながら接着していきます。

023

threeもう一度足型をインソールの上から合わせて整形します。ヒールや高さの調節など、手で各パーツを組み合わせて作っていく、完全なオーダーメイド。

027

029 

four最終的には手で微調整を行ないます。グラインダーで側面もきれいに削り、完成!

020

出来上がったインソールは世界でただひとつのオリジナルになります。shine

ゆがんだ姿勢を履くだけで調整してくれる、自分だけのカスタマイズ。

歩いたときの姿勢の変化と、利いていなかった筋肉が使える喜びが味わえるんです。

マニアックな喜びですが、試す価値あり。happy01 ぐっと姿勢美人になれますよheart01

030

歩く、という日常のあたりまえの運動が効果的なエクササイズになれば、毎日が楽しいですね。

この日は自分達のために、普段履いているお気に入りのスニーカーにインソールを作りました。up

疲れにくさが全然違います。どこまでもすいすい歩けてしまう気分です。happy02shoe

2011年11月17日 (木)

目からウロコのインソール

だんなさんと活動しているマークスボディデザインでは、カイロプラクティックをはじめとした施術のほかにインソール(靴の中敷)をオーダーメイドで作っています。

妊婦となった私は、だんだん身体も重くなりsweat01、施術の予約をお受けするのを少しずつ減らし、裏方業務、サポート業務をメインでお手伝い。coldsweats01

そんな最近の裏方業務のひとつがインソール作成のための下ごしらえです。

019

インソールとは、足のアーチをサポートすることで付加を和らげ歪みを解消してくれる機能的な靴の中敷。shoe

マークスではこんな色々な素材のパーツを切り分けて、クライアントの足のアーチと用途に合わせて整形し張り合わせて型を作っていきます。

022

アスリートをはじめとした運動をされる方はもちろん、日常のウォーキング用や通勤用のパンプス、子供用に至るまで足に合わせて何でも作っちゃいます。

これを使うと普通の靴をそのまま履けない!!happy02

本当に足の負担と姿勢が違います!!foot

だいぶ前ですが初めてインソールをみたときは、足を矯正するようなものthink、インソールをつかわなくて良い状態を作るのがセラピストの仕事じゃん、なんて生意気に思っていましたが、使ってみたら目からウロコです。

この機能性の素晴らしさは履いてみないとわからない!

どんな人も靴を履くなら使うべき、と思います。up

自信を持ってオススメします!punch

これを手作りするのは、まさに職人技。

017

マークスのインソールの一番の特長は、身体のバランスと足にかかる荷重差を測り、足圧までもみることでどんな歪みが身体に現れているかを確認し、オーダーメイドしていることです。

市販のものではこうはいきません。

右と左でも足の形は違うものですし、身体の状態と姿勢のくせまで足には全て出てきます。foot

「足は語る」とはよく言ったもので、院長にかかると足の体重へのかけ方をみただけでどんな姿勢のくせ、どこの筋肉の弱化(もしくは過緊張)が起こっているのか瞬時に見つけられてしまいます。

足のお悩みがある方や、姿勢を正しくラクに毎日のウォーキングを楽しみたい方、運動をされる方、靴はく人皆さま、是非オーダーメイドインソールを体験してみてください。heart01

当治療院ではトータルボディチェックをまず行ないます。

自分の歩行のくせから歪みまでまずはその目で再確認!eye

マークスボディデザイン

045-911-2172

各種インソール \12,400~

flairインソール作成風景は次号ブログでwink

2011年5月13日 (金)

被災地レポート vol.12

実際、避難所ではどんなセラピー活動をしているかというと、このような場所で行なっています。

Fukushima2

ここは、福島県郡山市にあるビッグパレットという名の展示場。

1000人以上の被災者の方がいらっしゃいます。

↑上の写真は、コンベンションホール内の音響設備が置かれたバックステージ。

広い展示場の中で、ここだけは静かで小さな部屋になっており、プライバシーが守られる貴重な場所なのです。市町村の職員が休憩室に使っていました。

Fukushima3

↑そして、ここは、階段の踊り場です。

休憩室にどなたかいらっしゃる日は、階段で行ないました。

マットを敷いて毛布を重ねて作った簡易ベッド。

ここもまた、非常用階段なのでだれも通ることがありませんからとっても静かで落ち着く場所でした。

054

↑院長は自分でベッドを持ち込んでカイロプラクティックの施術。

私は、階段の1段目を上手に椅子代わりにして(wink)フェイシャルリフレクソロジーの施術。

Fukushima4

即席出張マークスボディデザインです。

ここには、役場の職員として、または保健師・看護師として24時間体制で被災者の方々を見守る役目の人たちがいます。

彼らもまた被災者であり、家を失っています。

そんな町村の職員の皆さんに出会い、本当に過酷な状況にあることがわかりました。

施術を受けてくださった方々にたくさん感想をいただきました。

「心がすっと軽くなりましたよ。あ、身体の痛みもとれました!」

「良い香りの中で休めてとってもリラックスできました。震災以来だなあ。」

「はぁ~、助かった~・・・。」

私達は、村長さんをはじめとした役場関係者の方々に受け入れられ、セラピーをするようになりました。

それは、行って見てわかった事情によるものです。

つまり、

この避難所では、ボランティアの方々によるマッサージや鍼灸などが受けられるようになり、そのスペースが設けられています。

040

しかし、これらはどうしても避難している住民の方が優先であり、役場関係者である村長さんたちは、遠慮もあってこのようなサービスを受けることがどうしても難しかったのです。

だからこそ、個人で入った私達の役割として、避難された住民皆さんのために働いている役場関係者の方々のケアをする形となりました。

今後、このようなセラピストが必要であることが見えてきました。

職員さん達の心と身体のケア、大変重要です。

まずは、色々な状況が見えてきたので、今後長く続けられる活動を前提に一緒に賛同してくださるセラピスト仲間を募りたいと考えております。

このブログで情報発信をしていく予定ですので、ご興味のある方は是非チェックしていただけると嬉しいです。

ただいま準備を進めております。confident

2011年5月10日 (火)

緑のリセット→リニューアル

このゴールデンウィークは、皆さんどのようにお過ごしでしたか?

私は久しぶりに緑の中に出かけ、草花や自然と触れ合いました。clover

自分をリセットする方法は、それぞれだと思いますが、私の場合は自然の中で遊ぶことnoteshappy01

そんな人も多いでしょうね。

008

歩いてるだけで楽しくなって、ついに走っちゃいました↑happy02

夫婦で鎌倉に出かけたこの日、山をハイキングし、お寺を周ったりしていたら、書道展を行なっているお寺の一角がありました。

この方、金澤翔子さん。

022

ダウン症の天才書道家として、テレビなどで紹介され、今とても人気のある方です。

偶然に見つけた書道展で偶然にもお会いしたので、お話して記念撮影。

素晴らしく力強い書に感動しました。

003

028

書で感動ってあるのですね。

みんな、元気になってください。応援しています。とおっしゃっていました。

049

緑の道を歩いているといつもと違うものに感動したりします。

自然の中の空気は美味しいなあ。

その空気を身近にも感じたくて、自分達のサロン、横浜のマークスボディデザイン入り口にも、せっせと寄せ植えを作り、緑をたくさん置きました。

078 010

好きなお花を選び、元気に育て、と手をかけてあげるのは楽しいものです。

076 

雰囲気がふわっと華やかに、ぐっと元気になりました。

139

にぎやかになってきましたよ。

マークスボディデザイン、間もなくリニューアルいたします。

2011年5月 1日 (日)

中国・豊かさと貧しさ

人の手や機械などを利用して、機能回復と筋力の維持を行なっていくのがリハビリテーションというものです。

その方法は、筋肉と神経への刺激。

人間がもつ秘めた回復の能力には本当に驚かされます。

適切な刺激を与えてあげることで、神経回路は活発に新たな回路をつないでいくのですね。

刺激というのは、リフレクソロジーなどの手を使った方法で与えることもできるし、

運動などの活動を介した刺激もあります。

また、見ること・聞くこと・感じることの全てが刺激となるわけです。

生きている以上、自分にとっての良い刺激をたくさん受けていたいものです。

この旅は、災害後心身ちょっと不安定だった私に、本当に良い刺激を与えてくれました。

Dscf8847

この旅で、たくさんの素晴らしい中国の方々に出会えました。

Dscf8971

いつもと違う世界に行ったことでたくさんの学びがありました。

Dscf8965

中国の空気はとても汚かった・・・。息を吸うのがちょっとためらわれるほどに。

Dscf9072

一歩路地裏に入ると、人の生活は貧しかった・・・。水も、電気も満足にないんです。

会社やお店では当たり前に節電していて・・・。

瓦礫の山に普通に人が住んでいました・・・。

Dscf9068

衛生的とはお世辞にも言えない、一般家庭の台所・・・。

水道の蛇口は、水が盗まれないようにはずしてあります。

Dscf9074

大震災で被災した日本と比べるものではありませんが・・・

018

日本で暮らして、どれほどまでに恵まれた日常だったのか、を思い知らされた気がします。

水道をひねれば美味しいお水が飲めること。

電気やガスに不自由を感じたことがなかったこと。

それが当たり前と思っていた守られた世界。

今、被災地福島県では放射能の影響により、食べ物も水も空気も汚染が心配されていて避難所では、到底人間らしい暮らしさえも得られないような悲惨な日常があります。

私はそれを見てずっと嘆いていました。

247   

中国には考えや想いを整理する、良い刺激がありました。

今、あまりに豊かさに慣れてしまった現代人に、地球が怒っているような気がしてなりません。

能力以上に富を求めてはいけないのでしょう。

もともと人だって自然の産物なのですから、自然界にあるもので生きていけるはずなんです。

中医学の中にもその歴史を見ました。

219

今回この旅に同行させてくださった、セラ治療院の町田久先生。

素晴らしいおもてなしをしてくださった中国・福建中医薬大学、杜学長はじめ大学・病院関係者の皆様方、

心より御礼申し上げます。

Dscf8944

中国の学びを大切に、また日本での復興支援、お手伝いしたいと思います。

2011年4月30日 (土)

中国・西洋と東洋の融合リハビリ

中国レポートのつづき。

外傷などにより、関節等に損傷を受け、リハビリが必要になった患者さんへは、3つのステップで治療が進められていきます。

第1段・・・痛みの緩和

第2段・・・機能回復のための治療

第3段・・・生活習慣指導

「目的は痛みをとめることではなく、あくまでも機能を回復させること。」

この言葉をリハビリセンター見学中に何度も聞きました。

痛みを取り除いても、動かないままではダメなんです。

日常に必要な機能を取り戻すことを目的に行なうのがリハビリなのだ、それがなければ治療ではない、と強く先生方はおっしゃっていました。

そして方法は、というと

第1弾(痛みの緩和)においては・・・薬・湿布・マッサージ・鍼灸を利用

第2弾(機能回復)においては・・・PTOTSTと共に必要な運動や、中国伝統療法を用いた太極拳などの動きを取り入れてリハビリを行なう。

第3弾(生活習慣指導)・・・ここがもっとも大切といえるポイント。個々によって全く違うプログラムが組まれ、インソール(靴の中敷)を作ったり、杖を作ったりすることもあるし、生活の中でできる運動を指導していく。

痛みがある急性の段階では、薬なども使いますが、リハビリとしてはその人に合ったものが大原則になります。

Dscf8897

センター内の中国が誇る最新鋭の機器が並ぶリハビリ室を見学させてもらいました。必要な患者はこちらの機器も利用します。

Dscf8890

中国式ではなく、現代の最新機器のお部屋です。

ドイツ製・アメリカ製・ノルウェー製の機械がずらりと並んでいました。どれも超!高額の中国で数台しかないようなものばかり。

コンピュータ解析で、関節可動域のチェックなども簡単。

Dscf8911

↑腰痛の患者さん。

Dscf8925

↑ゲームをしています。動きに連動したソフトで、ウィーフィットを思い出します。

手で物を拾って持ち上げ、かごにいれるシュミレーションのゲームになっていました。

Dscf8927

↑ぐらぐらするバランスボールのようなものに乗って行なうことも。この方はリハビリ上級者ですね。

Dscf8916

昔からある運動(太極拳など)と現代の体操などを組み合わせ、独自の治療段階を作っているのが大変興味深かったです。

通院の場合も痛みなどの症状は、2~3回通えばなくなることが多いそうです。

しかし、

本当の治療、つまり機能が戻るまでには12回くらい通うのが一般的だそうです。

そして、中国伝統的な手法を用いたリハビリ室。

Dscf8919

↑漢方を入れ、下から蒸気がでてくる蒸ベッド。

Dscf8931

↑↓鍼灸を受けるお部屋。

096

なんと、こちらでは風水鍼という治療が行なわれていました。

東洋医学に則って時間帯や季節に応じて鍼をうつつぼを決めるのだそうです。

午前中は、このつぼを治療。

午後になったらこのつぼから治療、というような。

249

この病院においてのリハビリは、西洋の現代機器にて行なうか、中国の伝統療法を用いるか、選ぶことができます。

そして、融合も可能です。

言語聴覚士は患者さんの訓練をみるとき、患者の頭に鍼をさしたまま行なったりするそうです。

中国ならではの統合医療の形なのでしょう。

やはり、頭に鍼を置いておいた方が、訓練は効率が良いそうです!

2011年4月29日 (金)

中国・リハビリ開始に劇術呼吸

短い中国の旅で学んできたことが多すぎて、まとめるのが大変です。

福建省・福州にある中医薬大学の一角に作られた真新しいリハビリテーションセンターです。

これから、日本も学んだほうがいいのではないか?と思える医療の形がありました。

日本の病院もこうだったらいいのにな、といち患者として感じるものがありました。

中国リポートのつづき。

脳梗塞などをきっかけに神経系麻痺がある方などには、特別プログラムのリハビリテーションが用意されています。

ビデオプログラムも上映されています。↓

Dscf8875 

リハビリときくと、身体を動かして、その機能回復を行なうもの、というイメージですが脊椎の損傷があったり、麻痺があって全く動かせないような患者さんの場合もありますので、

始めに行なうのが呼吸法の訓練だそうです。

まずは落ち着いて今後のリハビリ期間を過ごせるようにプログラムが組まれるとのことでした。

最初に「気の集中とコントロール」のために呼吸法や動かないでも行なえる気功を学ぶのです。

集中力を増し、意識を身体に向けるために、用いられるのが呼吸なのです。

直訳で正しいのかわかりませんが

「劇術呼吸法」

とおっしゃっていました。

呼吸・・・・

普段マークスボディデザインで施術をしていて、たくさんのクライアントさんを診ていますが、本当に良い呼吸ができている人が少ない、と院長は言います。

なるほど、本当にそうなんです。

私も呼吸法を学ぶことによってさまざまな身体の発見がありました。

呼吸は一生続けていくもの。

呼吸の行ない方ひとつで、交感神経も副交感神経も少し操れるようになるというもの。

自分の脳と向き合うときに、呼吸に意識を集中すると、脳の状態も少しコントロールできるような気がしてきます。happy01

自分らしさを取り戻すときにも、深い呼吸をすることが大事。

最近心がざわざわする日が続いていたので、私にも必要だ~!と強く思いました。

2011年4月26日 (火)

中国・最新リハビリテーションセンター~脳梗塞編~

この日は、福建省福州の町なかに今年たてられた、福建中医薬大学リハビリテーションセンターを訪れました。

Dscf8863

最新鋭の現代技術と知識が集結した素晴らしいリハビリ施設で、統合医療の先端ともいえる場所。

もちろん、中医学の要素もたくさん取り込まれています。

Dscf8864

150床あるこの施設では、部門ごとに分かれていて、

one検診センター

twoリハビリセンター棟

three治療棟

という感じです。

検診センターでは、現代の最新機器など西洋医学を中心に用いた検査が行なわれております。それによって、まずは今どんな状態なのかをきちんと把握することができます。

すぐ治療が必要な場合もあれば、長期プログラムで日常からリハビリをしていくケースももちろんあります。

では、注目のsign01リハビリセンターをご紹介しましょう。

6階立ての大きな施設。

まずは、2階。こちらは脳梗塞の患者さんのためのリハビリ病棟です。

Dscf8869

後遺症などによる機能不全のためにリハビリを行なっている場所です。

急性の方はいません。

1ヶ月から2ヶ月経過して、リハビリの段階に入った方々のためのフロアです。

Dscf8872

フロアの責任者、主任医師が説明をしてくださいました。

ここでは、治療が2部制に分かれています。

flair第1部は、PT(理学療法士) OT(作業療法士) ST(言語聴覚士)によるリハビリ。

flair第2部は、中国伝統療法を用いたリハビリです。鍼灸・マッサージ・太極拳などが含まれます。

患者の状態に合わせて、また生活習慣などもみながらアドバイスを行い、適切なリハビリプログラムを提供しています。

待合室には、運動療法の開催される時間が掲示されており、その時間になると参加する患者が皆集まって、太極拳をはじめとした病院独自の中国式リハビリテーションが行なわれていました。

現代の医学と伝統医学の融合した形がありました。

それぞれの専門の医師が同じ場所で同じ患者に向き合って仕事をしています。

これが、統合医療という分野なのですね。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ