カテゴリー「フェイシャルリフレクソロジーについて」の記事

2011年9月21日 (水)

目へのアプローチ。コスモアイディプロマコース報告

先日まで、IMSI主催ロネ・ソレンセンのディプロマコースを担当してきました。wink

フェイシャルリフレクソロジーをベースとして、ロネと共に教えるお仕事を始めて早7年。

渋谷の会場で行なわれる、この国際コースには、全国から受講生の方が参加してくださっています。

ロネ・ソレンセンに学ぶコースには様々なアドバンスコースがありますが、今回のロネの来日で、私が担当したのはコスモアイコース(オーキュラーセラピー)のクラスです。

今年で第2期の開講となりました。

目へのアプローチ。eye

目からの画期的なリフレクソロジー(反射療法)。

非常に素晴らしい効果を期待でき、多くの感動があるクラスのひとつです。shine

目に何も問題のいない人は本当に数少なく、自身に問題がなくても家族や身の回りに目の不調を訴える人がいるかと問えば、ほぼ100%皆に当てはまります。

つまり、それほどに目に問題を抱える現代人は多いものです。

目は起きている間中働いている器官であり、全身の臓器機能と関連して不調をきたしたりするものなのです。

逆に言えば目の健康が身体の健康につながるとも言えます。

目からの刺激はつまりは脳への刺激となるもの。

大切なんです、とっても!

更に、目の形まで変わってしまう、驚きの効果はこちら。↓shine

Getattachment

これは、去年のものですが、私の目です。

なんと1回のトリートメントでこんなに変わりました。

この写真は偶然にとったトリートメント前と後の写真をつないだものです。驚きですね!

P1030002

クラス風景です

P1030010

クラスでは本当にステキな受講生の方々に恵まれました。

ご参加いただきました皆様、お会いできて嬉しかったです。

本当にありがとうございました。皆様のご活躍、心よりお祈りしています!

P1030019

このセラピーは、マークスボディデザインで受けられます。

お気軽にお問い合わせください。目がぱっちりクリアになる驚きを是非体験してくださいね。

マークス ボディデザイン

045-911-2172 www.marks-bd.com

2011年7月26日 (火)

フェイシャルリフレクソロジー・コスモフェイシャルで手に職

IMSI(自然療法の国際総合学院)にて、フェイシャルリフレクソロジーのクラスを担当してきました。happy01

もうすぐロネ・ソレンセンが来日します!

フェイシャルリフレクソロジーのディプロマコースは、IMSIでのみ受講できる日本で唯一の国際コース。

前半部分は私たち日本人講師が担当します。

クラスでは、さまざまな症例に対しての質問が飛び出すところが、教科書では学べない醍醐味でしょう。

脳の病気について、精神面における影響、セラピーの反応や現場で起こる本当の効果について。

経験の中でしか知ることができない人の身体の不思議ってあると思います。

いくら解剖生理学の本を読みあさっても見つけられない答えがあったりします。

そんなことをクラスの中で共有できるのが良いですね。shine

先日は、同じくロネ・ソレンセンの国際コース、コスモフェイシャルのコースを修了された方がご自分のサロンをオープンされて、オープニングの記念パーティーにおよばれして伺ってきました。heart04

それは素晴らしい六本木ヒルズの真横にあるおしゃれなビル。event

お一人で始められたサロンですが、本当に洗練されたデザインのステキな空間でした。

スペイン発のコスモフェイシャルのトリートメントを受けられる大都会のオアシスです。

パンフレットも手掛けられて↓

Suplay_003

新しい出発です!とおっしゃっていました。happy01

技術を身につけると自分の手だけでお仕事ができるようになるのですから、とてもやりがいを感じますよね。

卒業生の皆さんの益々のご活躍、心から応援しております。bell

フェイシャルリフレクソロジーも、コスモフェイシャルのコースも、まだ今年間に合います!

今年中にディプロマを取得して、自分のお城shineeventshine(プライベートサロン)を築くことだって、可能ですよ!

2011年3月 3日 (木)

感情と脳内ホルモン

脳内で情動と非常に関わりが深く、脳科学の世界でもとても注目されるのが「脳内ホルモン」と呼ばれる神経伝達物質です。

clubセロトニン

clubドーパミン

clubノルアドレナリン

について、専門家から色々お話を聞く機会がありました。

これらを分泌する神経は、無髄神経で神経系の中では細い神経です。

無髄神経からの脳内ホルモンは、シナプスに放出されてもその規制はゆる~く、シナプス内で再吸収されたり血液中に溶け出したりしています。enter

800pxcomplete_neuron_cell_diagram_e

だから血液を採取することで、ある程度脳内のホルモンの状態を把握することが可能ということですね。good

また、セロトニンやドーパミンといった物質を作り出している細胞が脳の中のどこに多く分布しているかもわかってきました。

延髄近くから放出され、大脳に届いているそうです。

Cerebral1

この神経系は、延髄から上へ伸びているというのがポイントで、顔面神経系とも関連がある部分なので、顔(皮膚)を触ることで刺激され、分泌が促進されることもわかっているそうです。

なるほど~!

セラピーをしていると、経絡と身体症状との関連についてや

経絡と特定の感情との関係についてなどを

考えることが多いのですが、

実際、脳をみたときに情動を決定する物質があるか、と言われればわかっていない部分の方が多いのです。think

不安・・・はセロトニンという神経伝達物質と関係がありますね。

だから、ここに対しては改善するためのお薬なども開発が進んでいます。

他にも、たとえば

悲しみ・・・weep

怒り・・・pout

不満・・・despairなどなど

たくさんの人の感情がありますが、

これらに対しては、脳内の物質で説明がつくのかどうか知らなかったので、専門家に聞いてみました。mobaq

しかし、やはりまだわかっていないことが多いようです。

目の前のクライアントさんのセラピー後の変化を見てみると、明らかに感情面での改善が見られます。

フェイシャルリフレクソロジーやマッサージを受けた人が、どうして感情面で改善したと感じられるのかを深く観察してみる意味があります。

どんな方向に向かっているのでしょう・・・。coldsweats01

でも、何か新しい発見があるような気がしてならない今日この頃です。bell

2011年2月28日 (月)

ひじの痛みには腸骨稜と顔から・・・

家族の一人が、ひじが痛いthunder・・・と言いました。

あらら、どこ?

と聞くと、ここ。↓

Img_1700

ふむ、原因は何だろう・・・?何ができるかな?とそれぞれ考えてみました。

そして、腸骨稜マッサージしてくれる?とカイロプラクターの患者は言いました。

腸骨稜はここですね。↓"lliac crest"

800pxpelvis_diagram (Wikipediaより)

なぜ腰を?と思われましたか?bleah

ひじの痛みが出ている箇所は、上腕三頭筋の付着部です。

上腕三頭筋の腱が引っ張られて痛いのは、その先に繋がる肩の三角筋もしくはその先の広背筋の緊張か異常なツッパリが原因である可能性が高いのです。

240pxdeltoideus 250pxlatissimus_dorsi

だから、広背筋の付着部の腸骨稜をほぐし、腱を緩めることでそれぞれの筋肉の緊張をとれば、ひじの痛みが解消できるという理論の元、背中と肩をオイルでマッサージしました。paper

前腕から起こっている可能性もあったので、手も緩めるようにマッサージ。

snail

すると、思惑どおり!効果が見えました。

しかし、だいぶ改善されてきたものの、まだ違和感が少し残るようでしたので、奥の手、リフレクソロジーを施しました。flair

フェイシャルリフレクソロジーの中でもステップ5で使用しているベトナミーズチャート「フィジカルボディ」というものがこの場合大変有効に使えます。

Step5

このチャートに示されるひじの部分をほぐすように刺激し、さらに1分間ほどジーっとツボ押しのように押さえ、持続圧を加えます。

すると、どうでしょう!

「治っちゃったよ!!」coldsweats02

痛みがなくなってしまいました。smile

やはり反射療法を日常で使えるというのは便利ですね。heart04

もっと詳しく言えば、広背筋の緊張も、内臓機能の低下から起こっている可能性が高いので、そちらをケアしてあげることも必要です。

よくストレスや疲れから腰痛や肩こりというのがありますが、そもそも筋肉の問題だけではなく、内臓機能が大丈夫ですか?ということを考えて施術をしなければいけません。confident

本当に効果を求めるとき、色々な角度から施術ができると近道です。

カイロプラクティックの技術と反射療法を組み合わせてみたら、とっても早く効果を見られるような気がします。heart01dash

あっという間に痛くない・・・!

すごいなあ。good

2011年2月26日 (土)

脳を観察するスケール

脳を研究する専門家から、たくさんのインスピレーションを受け、自分の日々行なうセラピーの記録をもう少し、専門家にも理解していただける形で作っていくことが必要だと強く考えるようになりました。flair

そこで、

主観的尺度をはかるスケールを作成することにしました。(専門用語ではノンパラメトリック検定と言います。)

痛みなどの身体症状やいらいら・不安・幸福度といった感情面の状態を数値化して、主観的でも良いので、どのような変化が見られるのかを脳の専門家と同じスケールで示していこうというものです。pencil

大人であれば、VAS(visual analogue scale)スケールを用いて評価をつけていきます。

また、子どものクライアントにおいては、Tree Testという絵を描いてもらうテストを行う事が多いです。

「木」の絵を描いてもらうことで、その子の心理的状態まで観察しようというテストです。xmas

Img_1727

主観的な尺度であっても、見返してみると客観的に評価できます。

今も目の前で起こっているクライアントが改善していく素晴らしい変化の数々を、ただ気持ちよかったというだけで終わらせない、と決めました。rockshinepout

201129_016

脳の中で起こっていることを理解しようとするのは、本当に簡単な事ではありません。

素人でも想像つきます。

Img_1706

科学の最先端にいる人、というのは未知の世界を日々研究している人です。

つまり、わからないことをわかろうとする世界。

まだわかっていない部分をよ~く知っている方々なのです。

私たちは聞きかじった分かっていることだけに目を向けがちですが、本当の最先端にいる人は、わからない部分をよく知っているだけに、安易な決定をしません。

絶対こうだ!といい切れないのを知っています。

特に脳においては、わからない事だらけ。sweat02

脳と生理学の専門家の先生が、私のフェイシャルリフレクソロジーの施術を受けておっしゃいました。

「研究は、本当に小さな小さな一点に焦点をしぼってその現象を何とか裏付けようとする作業で、現場にどう活かせるかまでなかなか到達できないこともある。現場にかなわない事があるのはわかっているんですよ。」

「研究者と現場の施術者とをよく融合させていかないといけませんね。」と。

全くその通りです。heart04

何よりこのような理解ある方々にめぐり合えることが、とても幸せなことですね。lovely

人にはそれぞれの役割がありますから、良いチームの連携で今よりもっとたくさんの人に幸せが届くといいな、と思います。

私は、それをセラピーという道具を用いてやっていこうと思います。happy01

2011年2月25日 (金)

脳科学の今とフェイシャルリフレクソロジー

とある医療系大学院の研究室にお邪魔しました。confident

マークスボディデザインの院長が生理学とバイオメカニクスという分野で研究を行なっているご縁のある研究室です。hospital

Img_1704

脳波を測定する機械。

こんなに小さな機械が脳の神秘を探っています。eye

Img_1705

私には初めてみる機械ばかりですが、このような電極を筋につけたりして、身体の仕組みを研究し、測定するのですね。chick

体につける電極コードがずら~っと並んでいます。↓

Img_1710

エネルギーの測定や身体機能の不思議を研究するお部屋。

なかなか見ることのできない脳に関する最新の研究論文の数々など。

どんどんテンション上がります!!up

Img_1703

私たちセラピストも、人の体や心に働きかける施術をする以上、今科学の分野でわかっている最新情報を貪欲に学んでいくことはとっても大切なことだと思います。paper

セラピストの世界では、どうしても科学的根拠に乏しいと感じる場面が多く、本当の脳科学の専門家と直にお話できる機会は多くないでしょう。bearing

たくさん本を読みあさっても限界はあるみたいです。

私は本当に恵まれているな、と感じました。sun

この日は脳と生理学の専門家である大学院の名誉教授に、フェイシャルリフレクソロジーを受けていただく機会恵まれ、脳科学の視点からいろいろなことを教えていただきました。

なぜ、顔を刺激するこのセラピーがこれだけの効果をあげているのか・・・。

脳の専門家に聞いてみたい質問をたくさんぶつけてみました。mobaq

もう、それはそれはshine宝箱shineのように興味深いお話ばかりが飛び出して・・・。

お宝ざくざくです。present

何日かたっても興奮さめやまず。

少しずつご紹介していきたいと思います。wink

この日はっきり確信できたことは、やはり顔を刺激することに大きな意味がある、という事。

顔から大脳へしかいかない神経系が存在していることがわかっているのだそうです。

これは足からとは全然違う作用です。

知らなかった!!flair

でも、納得です!!なるほど!

次号へ続く。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ