カテゴリー「子供とセラピー」の記事

2012年3月13日 (火)

防災グッズに

震災から1年が経ちました。

色々あった1年でしたが、やっぱり振り返ればあっという間。

被災地福島に家族や友人がいる私にとっては、地震の爪あとや放射能と今も尚戦っているこの現状をやっぱり忘れてはいけないなあと強く感じます。

ここ関東での暮らしと、被害を大きく受けた被災地での暮らしはやはり全然違うもの。

でも、日本のどこで暮らしていようと、防災の意識は高めていかなければいけないと皆が感じましたよね。

我が家でも、もう一度防災グッズの見直しをしよう、ということで家具などの耐震補強と防災時用のリュックを開けて、再チェック。

去年の震災の時には直後に福島県を訪れ、避難所でのボランティア活動をしていましたが、今自分に小さな子どもがいることを考えるとフットワークは重いです。

全然自分の意思どおりには動けるものではありません。

ちいさな赤ちゃんの欲求をかなえるのが一番なので、言葉を話さないこの子に必要な防災グッズって何だろう?と真剣に考えてしまいました。

去年の経験から、避難所はとても衛生面で劣悪な環境になってしまう、ということが分かりました。

そんな中、寄付などで集まったアロマの消臭スプレーなどは大変喜ばれ、避難所生活を強いられた皆さんが喜んで携帯してくださったのが印象的でした。confident

感染症が蔓延してしまい救護室にはノロ感染者などでいっぱいになっていたものです。hospital

そこここで嘔吐する人がいました・・・。

もちろんそうなると強い消毒液による薬臭いにおいも避難所中に広がっていました。

消臭と消毒・殺菌の意味と免疫強化の意味でもエッセンシャルオイルは効果を期待できますし、何より心地よい香りが心理面で大きな助けになってくれます。clover

フレッシュなペパーミントや森林浴の香りのスコッチパインやユーカリなど

また万人に好かれ、免疫系の強化になるグレープフルーツやゆずといった柑橘系も使えます。wink

我が家の防災グッズには、精油各種とエタノール、スプレーボトルは必須です!

2011年1月 8日 (土)

カオナシと千。自閉症児と私。

昨日テレビで放映していた、宮崎駿アニメ『千と千尋の神隠し』を見ました。

この作品には、忘れられない思い出があります。

それは、私が始めてセラピストとして向き合った自閉症の少年との出会いと関係するのですが。

もう4年前になりますが、自閉症のお子さんにフェイシャルリフレクソロジーの施術をするようになりました。

このような活動をするきっかけとなった少年との出会いです。

初めてその子に会ったとき、彼はまだ8歳になったばかり。

自閉症と診断され、人とコミュニケーションをとるのが非常に難しい状態でした。

彼のお気に入りは、宮崎アニメの「千と千尋の神隠し』

このアニメを毎日見ている子でした。

その中でも「カオナシ」というキャラクターが一番のお気に入りなのです。

Img315c61cczikezj

ちょっとかわっていますね。

アニメの中でもカオナシは人とコミュニケーションがとれません。

本当は優しい心を持っているのに、上手に表現ができなくて、思い通りにいかないと幼稚に暴れたり好意をもった千には、ストーカーのようになってしまいます。

私がその自閉症児と出会ってから4年、このアニメを見る機会がなかったので、改めてしっかりと見ました。

そして、懐かしいある出来事を思い出しました。

思い出すだけでも胸がいっぱいになります。

Sentochihiro2

初めてその子にあってセラピーをした日、言葉を発することなく、普通の8歳の子と同じようには意思疎通ができない彼と、私はうまくやっていけるか正直不安でした。

ご家族に私の活動をよく知ってもらうために、彼のご自宅に伺ってゆっくりと時間をかけて話をしたのを覚えています。

8歳の彼とも、仲良くなれるようたくさん声をかけました。

その日私が帰るとき、その子は私になにやら木の破片で作った札のようなものをもってきました。

「これな~に?くれるの?」

という問いかけに答えることもなく、私のバッグに入れてみたり、また取り出してみたり。

「これは何でしょうね?」

と親御さんと不思議に思って話していました。

お母さんも、「何を作ってきたのかしら?」といっていたのですが、ふいに

「あぁ!これ。千と千尋の神隠しに出てくるお湯屋の札です!」

とのこと。

アニメを見てない方は是非見てみてください。

この札があると湯屋のお湯がもらえるんです。

その子は私に湯屋の札を作ってくれたんですね。

とても嬉しかったです。

その札は今でも宝物。

このとき彼が私を受け入れてくれたような気がして、きっとうまくやっていけると確信したのを覚えています。

あれから2年半は毎月セラピーを行い、たくさんのことをお互いに学びました。

全く話せなかった彼が私を「まいちゃん!」と呼んでくれるようにまで成長しました。

出会えてよかった大切なクライアントの一人です。

過去ログよければご覧ください。→自閉症児とフェイシャルリフレクソロジー

2010年12月12日 (日)

ウィリアムズ症候群とフェイシャルリフレクソロジー

ウィリアムズ症候群。

遺伝子異常の病気です。7番染色体に欠損がある病気です。

ご相談を受けました。

まだまだ日本では認識がされていない病気ですが、この診断を受けた子供達のためにできうることがないだろうか、という相談です。

精一杯できることを考えて見ることにしました。clover

私は、マークスボディデザインでセラピストとして活動しています。この治療院の院長は、カイロプラクティックの専門です。confident

二人の異なる専門家のコラボレーションによって分かるようになってきたことが色々あります。flair

筋肉のどの部分に問題があり、脊椎上もしくは脳のどこに刺激が必要なのか。

神経系のどこに不具合があることで、このような姿勢や体内の症状が起こっているのか

など。

体の姿勢や筋肉の状態、またリフレクソロジストとしてディポジットの状態や皮膚・臓器の様子・眼の動きなどから、体をかなり深く掘り下げていくことができるようになりました。foot

ウィリアムズ症候群の子供達はバランス感覚が悪い子も多く、また発達障がい・心臓疾患などなど特徴的な症状がでてきます。

先天的な遺伝子異常は、根本から治せる特効薬があるわけではありません。

セラピストとしてやるべきこと、やりたいことはたくさんあります。

また、ご報告ができるように活動を続けていきます。run

2010年11月15日 (月)

親子セラピー

今日の施術では、お母さんと3歳になったばかりのおじょうちゃまが一緒にご来院。hospital

セラピーはお母様がご予約されているのですが、一緒に何度か通ううち、お子さんも一緒に受けたくなる現象はよくあります。happy01

だから、親子で来てくださる方へは自然と親子セラピーになるのです。chick

お母さんが気持ちよくお昼寝(?)している姿を、3歳児が見ることはなかなかないでしょう。

1時間あまりの施術時間中、私たち大人の様子もよく観察しているのですね。

私の背中に上ってきてはしゃいだり、ひざの上に上がってお母さんのお顔をじっと見たりeye、それはそれはかわいいです。heart04

最後はお母さんのお顔を自分の顔ですりすり。heart01

フェイシャルリフレクソロジーのまねっこで、お人形にもやってみたり。

小さな子供がお母さんをいたわったりする姿を見ると、いまだに感動してしまいます。weep

お母さんが元気、up これは子供にとって、とっても嬉しいこと。

良いものだというのは、わかるのですね。flair

021

画像はセラピールームの一角ですが、後ろのお人形がスウェーデン生まれの「JUNICHI」と名づけられたセラピードール。

この子、健常なお子様にはなぜかあまり好かれません・・・。coldsweats01

「こわい~」だそう。

目が合わないような作りで、自閉症児のセラピーの時に使います。note

この日もくまさんの方にご指名でした。good

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ