« 中学校PTAで講演会 | トップページ | 新メンバー加わりました »

2011年12月13日 (火)

被災地レポート vol.18 本当は怒ってます

福島県にある実家の庭のイルミネーション。shine

Mai_004

冬限定の名物です(笑)。今年は例年より気合入っているような・・・?

気持ち明るくなりますね。

そうは言っても・・・

妊婦の私が、この福島へ来ることに正直悩みました。

家族と相談していろいろ考えました。

放射能の空間線量は減ってきてはいるものの、私の家の庭で0.7マイクロシーベルト/h、家の中でさえ0.2~0.5マイクロシーベルト/hあります。

どんなに個人で除染活動をしても、今のところこれが限界値。

ただ、ここで放射能について学びながら復興のために一生懸命毎日の生活をしている人々を知るからこそ、正しい知識をもって来る意味があると思いました。

ここにしかないものもたくさんあるからです。

家族や友人や学生時代の思い出や、みんながほっとする実家にしかない空気ですね。

それを想えば私もここへ来る意味があるし、福島に滞在することのリスクと来る事の意味の大きさを天秤にかけて、ここへ来る事を決めました。

ほんの少しの滞在ですから、食べるものを気をつけて家の中で生活している分には、お腹の子供への弊害は避けられると判断しました。

残念ですが、地元のものは一切口にしていません。

地元では、どこのどの野菜にどの程度の放射能が出た、という情報が飛び交っています。

関東圏にいるよりも、放射能に対する人々の意識は当たり前ですが、とても高いです。

テレビでも絶えずテロップで各市町村の放射線量が流れています。

原発に程近い地域はもう帰る事ができない人もたくさんいるのです。

本当に線量の高いところは、とても苦しい決断ですが住むことをあきらめてもらうしかないのかもしれません。

でも、何十万人もが生活している福島市や郡山市など大きい都市は、避難しろという指示は絶対にでないことがわかっていますから、生活を守るためにすぐにでも除線が必要なのです。

お願いですから早くして・・・!!

みんな心の中は怒っています。

消費税をどうのこうのの話ばかりがニュースで流れますが、今生活が普通にできない人への救済はまだまだ何も終わっていません。

この地の復興への動きは始まったばかりという印象で、半壊と判定された私の実家の工事もまだ終わりません。

家を失った方々を思えば、我が家だって不幸中の幸いですが。

郡山市の市役所、文化センターは崩れたままで、いまだに利用できません。

市の職員などはプレハブの建物などで夜中までお仕事されています。

この福島に住んでいた3年間、通い続けた母校の高校も校舎や体育館が地震で使えなくなり、校庭にたくさんのプレハブ校舎が建てられています。

体育館も校庭も使えない高校でみんな今頃受験勉強ですね。

大変だろうに。

町のあちこちで崩壊した建物が撤去され、空き地ができています。

営業が出来なくてつぶれてしまったお店もたくさんあります。

ベビー用品のお店とか、デパートのマタニティコーナーとか、なくなってしまって・・・。

とても寂しいです。

この町には出産したばかりの友人が何人もいます。

これから妊婦になる友達もたくさんいます。

そんな彼女たちと昔と変わらないおしゃべりをしながら、放射能に気をつけてとしか言えないのがふがいないです。

見た目に分からないのが放射能の恐ろしさ。

意識の高さは人それぞれですが、皆がそれを意識しながら生活せざるを得ないのが実情で、このストレスたるや本当に苦しいものです。

心への負担は本当に補償してもらえるのでしょうか。

先日久しぶりに東京に遊びに来た福島在住の母が言いました。

「東京の空気を吸ってほっとすると思ったのは初めてだわ。」

放射能を気にしないで思いっきり深呼吸が出来る日が早く来ますように。

« 中学校PTAで講演会 | トップページ | 新メンバー加わりました »

被災地レポート」カテゴリの記事

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ