« 目からウロコのインソール | トップページ | 被災地レポート vol.17 ふくしまの後遺症 »

2011年11月21日 (月)

インソール作成の流れ

マークスボディデザインで作成しているオーダーメイド、インソール(靴の中敷)の作り方は、こうです。

one身体のバランスと足圧をチェックして、使用目的に合わせてどのように調整するかを決め、足型を取ります。

025

運動用なのか、ウォーキング用なのか、障害のための矯正なのかによって調節度合いも変わります。

素材によって硬さも厚さも違うのですが、それぞれ左右の足にどうフィッティングしていくかを専門家が身体のバランスをみながら見極めます。

twoそして各パーツを温めながら接着していきます。

023

threeもう一度足型をインソールの上から合わせて整形します。ヒールや高さの調節など、手で各パーツを組み合わせて作っていく、完全なオーダーメイド。

027

029 

four最終的には手で微調整を行ないます。グラインダーで側面もきれいに削り、完成!

020

出来上がったインソールは世界でただひとつのオリジナルになります。shine

ゆがんだ姿勢を履くだけで調整してくれる、自分だけのカスタマイズ。

歩いたときの姿勢の変化と、利いていなかった筋肉が使える喜びが味わえるんです。

マニアックな喜びですが、試す価値あり。happy01 ぐっと姿勢美人になれますよheart01

030

歩く、という日常のあたりまえの運動が効果的なエクササイズになれば、毎日が楽しいですね。

この日は自分達のために、普段履いているお気に入りのスニーカーにインソールを作りました。up

疲れにくさが全然違います。どこまでもすいすい歩けてしまう気分です。happy02shoe

« 目からウロコのインソール | トップページ | 被災地レポート vol.17 ふくしまの後遺症 »

MARKS・活動報告」カテゴリの記事

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ