« 被災地レポート vol.3 ボランティアの実情 | トップページ | 緊急地震ネコ速報 »

2011年4月12日 (火)

被災地レポート vol.4 福島県の新エチケット

福島県では、このところ新しいエチケットが存在しています。

228

138

それは、施設や他人のおうちにお邪魔する際、ジャケットをぬいだら玄関先に置くこと。

表裏を逆にしてたたみ、建物の中にもちこまないように気を使います。

雨がふっていたら、それをペーパーでふき取ってから家に上がります。

それは、放射能の影響があってはならないから。

家の中に絶対に持ちこまないようにしたいから。

換気扇はまわさないようにしているし、マスクをして外出をします。

車の窓もなるべく開けないように気をつけるので、この温かい陽気の中とても残念ですが、移動中は蒸し暑い車内でがまん。

個人宅や介護施設などでは徹底して気を使っているのですが、避難所に伺っておどろきました。

巨大な避難施設ではまだまだ衛生管理を含め、そういった対策が不十分なのではないかな、と感じました。

だれでも出入りができるし、広いスペースに2000人もの人が生活しています。

集団感染も発覚しました。

ノロウィルス感染。

そこここで感染している人が見受けられましたが、隔離することができません。

このままでは放射能と感染症の影響でどんどん生活環境は悪化してしまうのではないかととても心配になってしまいました。

つづく。

« 被災地レポート vol.3 ボランティアの実情 | トップページ | 緊急地震ネコ速報 »

被災地レポート」カテゴリの記事

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ