« 馬とフェイシャルリフレクソロジー | トップページ | 脳の本・取材を受けました。 »

2011年2月10日 (木)

厄払いと新年

今年、厄年の私はだんなさんの薦めもあって、厄除けのご祈祷をお願いしに総持寺へ行ってまいりました。sun

同い年の親友とだんなさんと共に正座をしてお経を聞き、身も心も清められた気持ちで、旧正月を迎えることができました。

せっかくの貴重な機会に、御導師さまに改めて聞いてみたいことがありました。confident

厄年の本当の意味を教えてください、と。

その答えは

「昔の人がこの歳になると亡くなったり、災いが起こったりすることが多かった。だから特に用心して過ごしなさい、といわれる年のこと」だそうです。

また、変化や活動をしてはいけないという意味はなく、体調や環境変化に対して無理なことをしないように気をつけて過ごせば良いのだそうです。paper

御導師さまから他にも心に響くお話をいくつか聞くことができました。cute

「前を向いて進むこと、振り返らないことを良しとしている人がいるが、それではいけない。

生きてきた過程が過去

生きているのが今

生きることができないのが未来

未来ばかりを見ていてもそれは生きることができない世界なのです。

だから、辿った過去をよく見る事でしか今を作ることができないし、生きることができるのは今なのです、と。note

なるほど、その通りですね。

振り返るのが苦手な自分に響いた言葉でした。

201129_002

本当にキレイな青空で、広々とした総持寺の明るい空気にとてもすがすがしい気持ちになりました。

そして、小さな奇跡。heart04

家の近くの道で拾ったんです。

小指の先ほどの小さな、小さな金のだるまさん。

足元でキラっと光っていたので思わず拾いました。shine

そして裏を見たら、「厄払」と書いてある・・・!

201129_001

ありがとうございます。confident

用心して、過去をよく見返して、未来に夢見てfuji 今を生きようと思いました。

« 馬とフェイシャルリフレクソロジー | トップページ | 脳の本・取材を受けました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ