« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月 9日 (日)

馬とフェイシャルリフレクソロジー

久しぶりの乗馬ネタ。

やはり私は、馬達と遊んでもらうと元気になります。

九十九里の海岸線を走る、このステーブルがお気に入りで、少し遠出ですが時々出かけては海をジャブジャブ馬にのってお散歩します。

この日は晴天sun風が強く、波はガタガタtyphoonで少し荒れていたのでサーファーは少なめ。

条件は最高。

海岸に人が多いと、爽快に走るのが難しいのです。

人、優先。paper

馬は遠慮しなきゃいけませんのでcoldsweats01

もう何度も通っている乗馬クラブなので、一人でも訪れます。

インストラクターの先導さんと無言でひたすら走りました。horse dashhorse

気分爽快!

今日の相棒は、真っ白な白馬のボニー君heart04

映画やコマーシャルにも出演するタレント馬。

かっこいいですね。lovely

002

馬には、気持ちがありますから、その相棒の気持ちを汲み取りながら敬意を払って乗せてもらうとお互いにとっても気持ちよく走れます。wink

気持ちが通じ、乗り終わった頃には仲良くなれるので、顔をすりすり寄せてきます。かわいいheart01

014

この日もやはりフェイシャルリフレクソロジーを馬にしましたよ!

下のチャートのようにあごのあたりに脊椎の反射区が存在しています。

馬だって人を乗せてはしるのですから、背中が疲れて当然ですね。bearing

背中をさすってあげても良いですが(大きくてとどかなくて大変なのでsweat02)顔の上の神経終末から脊椎のケアをしてあげるだけでもOKです。good

Praxis_horse

スペインにいる私の恩師でフェイシャルリフレクソロジーの創始者、ロネにレポートしないとです。 happy01

2011年1月 8日 (土)

カオナシと千。自閉症児と私。

昨日テレビで放映していた、宮崎駿アニメ『千と千尋の神隠し』を見ました。

この作品には、忘れられない思い出があります。

それは、私が始めてセラピストとして向き合った自閉症の少年との出会いと関係するのですが。

もう4年前になりますが、自閉症のお子さんにフェイシャルリフレクソロジーの施術をするようになりました。

このような活動をするきっかけとなった少年との出会いです。

初めてその子に会ったとき、彼はまだ8歳になったばかり。

自閉症と診断され、人とコミュニケーションをとるのが非常に難しい状態でした。

彼のお気に入りは、宮崎アニメの「千と千尋の神隠し』

このアニメを毎日見ている子でした。

その中でも「カオナシ」というキャラクターが一番のお気に入りなのです。

Img315c61cczikezj

ちょっとかわっていますね。

アニメの中でもカオナシは人とコミュニケーションがとれません。

本当は優しい心を持っているのに、上手に表現ができなくて、思い通りにいかないと幼稚に暴れたり好意をもった千には、ストーカーのようになってしまいます。

私がその自閉症児と出会ってから4年、このアニメを見る機会がなかったので、改めてしっかりと見ました。

そして、懐かしいある出来事を思い出しました。

思い出すだけでも胸がいっぱいになります。

Sentochihiro2

初めてその子にあってセラピーをした日、言葉を発することなく、普通の8歳の子と同じようには意思疎通ができない彼と、私はうまくやっていけるか正直不安でした。

ご家族に私の活動をよく知ってもらうために、彼のご自宅に伺ってゆっくりと時間をかけて話をしたのを覚えています。

8歳の彼とも、仲良くなれるようたくさん声をかけました。

その日私が帰るとき、その子は私になにやら木の破片で作った札のようなものをもってきました。

「これな~に?くれるの?」

という問いかけに答えることもなく、私のバッグに入れてみたり、また取り出してみたり。

「これは何でしょうね?」

と親御さんと不思議に思って話していました。

お母さんも、「何を作ってきたのかしら?」といっていたのですが、ふいに

「あぁ!これ。千と千尋の神隠しに出てくるお湯屋の札です!」

とのこと。

アニメを見てない方は是非見てみてください。

この札があると湯屋のお湯がもらえるんです。

その子は私に湯屋の札を作ってくれたんですね。

とても嬉しかったです。

その札は今でも宝物。

このとき彼が私を受け入れてくれたような気がして、きっとうまくやっていけると確信したのを覚えています。

あれから2年半は毎月セラピーを行い、たくさんのことをお互いに学びました。

全く話せなかった彼が私を「まいちゃん!」と呼んでくれるようにまで成長しました。

出会えてよかった大切なクライアントの一人です。

過去ログよければご覧ください。→自閉症児とフェイシャルリフレクソロジー

2011年1月 6日 (木)

靴の中の大切なもの

マークスボディデザインではオリジナルインソールの作成をしています。

インソールとは、靴の中敷のこと。foot

特別な運動をする時だけでなく、普段の生活の中でも土台を支える中敷の役割はかなり大きなものです。

腰痛・肩こり、骨盤部の違和感や膝の痛みなど、お悩みのある方、必見!

体のゆがみ方やくせをよく考察し、チェックを行った上で足型をとって、目的に適したインソールを手作業で作ります。rock

トップアスリートはもちろん、スニーカーや運動のための靴だけでなく、パンプスなどの普段の靴用にも作成可能です。boutiqueshoe

このインソール、何層ものパーツが足の正しい形状を保ってくれるようにできています。

010

それぞれのパーツにも意味があって、硬さやクッション性など全て違うものをオリジナルの製法でつなぎ合わせ、完成させるのです。shineboutiqueshine

これこそまさにオーダーメイド。drama

自分の体にカンペキにフィットする靴を探し当てるのは至難の業ですが、インソールを装着することで、途端にオーダーメイドの靴にはや変わりです。

パーツの作成のお手伝い。hairsalon

027

職人技のインソール制作、特に体の状態を把握した上で適切なパーツからつなぎ合わせる技は、なかなか他では見られない技術です。shine

「歩く」という日常の運動が、こんなにも健康管理に大切なことだったか、と思わせてくれる靴の中敷。heart01

新しい靴も良いですが、中敷に目を向けてみるのもおすすめです!happy01

お問い合わせはマークスボディデザイン Tel:045-911-2172

2011年1月 5日 (水)

あけましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。sun

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は寒いお正月になった所も多かったと思いますがtyphoon

皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、子供の頃は雪国での生活が長かったので、雪を見ないと冬が来た!と実感できないのです。

今年はお正月に田舎に帰り、雪に触れてきました。snowsnowsnow

やっと冬本番、この季節キライじゃないです。confident

さて、

お正月にやることといったら、皆さんの定番はどんなことでしょう?

私の場合ひたすらセラピー。paper

普段と変わらないですねsweat02

田舎に一番セラピーを楽しみにしてくれている人たちがいるもので。

家族・親戚一同集まるところで、健康相談に答えます。

たまにしか会えない家族との短い時間の中で全員に施術するのは、大変sweat01

でも

やはり、近い存在、大切な人に自分の技術を使えないでどうする?という想いがいつもあります。

一時期、海外でボランティア活動みないなことをできるようになりたい、なんてちょっと真剣に考えたこともありました。flair

しかし、自分とその周りの人をケアできない人間が遠くの文化の違うところへいきなり訪れてもきっとそれは、ひとりよがりなのでは・・・

と思いなおし、なるべく時間がある限り、家族や日常にこの技術を活かすことを試みています。

どんなに気をつけていても健康に不安のない人もいないですね。

親もいつまでも元気!という歳ではありませんので、本当に良い症例です。

いい勉強にもなりますので、実験も兼ねて・・・(bleah

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ